当会所有の望遠鏡と歴史

函館地区では、最大の口径をもつ、新型シュミットカセグレン望遠鏡 LX90は、最速・高精度の自動導入望遠鏡として高い評価を受けているLX200シリーズで培われた技術ETXシリーズの手軽さと使いやすさを、高いレベルで融合した、広く満足することができる望遠鏡として完成しました。

 

 小型望遠鏡ですが、 赤道儀と自動追尾がついています。

 

フィールドスコープは、正立像でで見れるため、地上の風景を含めて見やすい望遠鏡です。双眼鏡となっていますのである程度、立体的に観察可能です。

函館山の人が、見えるほどの、高倍率です。

 

 

上記の望遠鏡は、赤坂 典芳 様 享年63歳

美原1丁目37番8号 9月12日死去/通夜9月14日

上記はずべて、故人より、寄贈していただきました。

ご冥福をお祈り申し上げます