ガモフの予言

ハッブルが、星までの距離を測ろうとして、結果的に宇宙膨張(ぼうちょう)していることを発見しました。また、1940年代ロシア生まれの物理学者であるガモフらは、宇宙には始まりがあり、最初は高温高圧の火の玉として生まれて以来、膨張し続けていると考える「ビッグバン理論」を提唱していました。アメリカ・ベル電話会社のペンジャースとウィルソン(1978年ノーベル物理学賞を受賞)は、アンテナで受信する電波から雑音要因をとり除く研究をしていました。その過程で、とり除けない雑音源がありました。どうしても原因がわからなかったのですが、あらゆる方向からやってくることから、宇宙起源ではないかと考えたのです。しかもその電波は絶対温度3度に相当するマイクロ波でした。これは、ガモフの予言した、「超高温の宇宙が放っていた光は、その後の宇宙の膨張によって波長が引き延ばされ、現在では電磁波の形で宇宙に残っているであろう」ということと一致していました。温度が高い状態だと、原子は電離してプラズマ状態になる。プラズマ状態の密度が高いと、光はその中を通過できない。光が電子と相互作用して散乱されてしまい、そのため光は直進できません。ビッグバン後、約38万年経過して、宇宙は遠くまで見通せる、宇宙の晴れ上がりという状態になりました。物体は温度に応じた放射線を放つ。温度が高いほど、放射線の波長は短い。「宇宙の晴れ上がり」の直後、宇宙は数千度の高温であった。このとき、宇宙は短い波長の放射で満ちていた。その後も宇宙は膨張し、徐々に冷えていく。冷えるに従い、それに応じて放射線の波長が伸びていきます。ビッグバンの直後の宇宙はどこも高温だったのですから、その光は宇宙全体に満ち溢れており、膨張した現在の宇宙では「あらゆる方向からやってくる電磁波」になっているはずです。その予言に一致する宇宙マイクロ波背景放射が発見されたことにより、 ビッグバン宇宙論が広く受け入れられるようになったのです。

オリオン座が面白い

冬の星座のうちベテルギウスとリゲルの一等星が2つあるオリオン座は、今もっとも、みどころの星座です。

ベテルギウス

星の最後と、星の誕生が見れることから、科学的な面からも、話題の星座です。

「オリオン座はすでに消えている?」(縣 秀彦著)によりますと、、ベテルギウスは、星の最後の、超新星爆発を、もうすでに起こしているかもしれないと書いています。いま、爆発しているとすると、ベテルギウスまでの距離は、640光年ですので、西暦2650年ころに満月の100倍の明るさで輝き、4年後にはオリオン座の形が変わってしまいます。オリオン大星雲(M42)はオリオン座の小三つ星の真ん中の星(トラペジウム)のまわりに広がる散光星雲です. 距離は450pc(パーセク、450*3.26=1467光年)ぐらいと言われています.トラペジウムの星は生まれたばかりのO型星が4つ集まったもので (4つまとめてθ1Oriと呼ばれています), 非常に高温なため,周囲の空間に強い紫外線を放出しています. この4つの星の中でθ1OriCがオリオン大星雲の励起星で, その紫外線を受けてまわりのガスが電離し, 水素の輝線などで光って見えます. このような若い星のまわりの電離ガスのかたまりは, 電離した水素をHIIと呼ぶことから, HII領域(HII region)と呼ばれています.

 

 

 

 

光年との関係
パーセクは天文学を勉強したことのない人にとっては馴染みの薄い単位だと思います.どちらかという
と「光年(light-year)」のほうが良く知られているのではないでしょうか.「光年」は光が1 年間に進む距
離です.1 光年は約9:46 £ 1015 m で,1 ly と書かれたりします.ly はlight-year の略です.パーセクを光年に直すと,1 pc = 3:26 ly という関係があります.
太陽系からもっとも近い恒星がだいたい4.3 光年の距離にあり,それをパーセクに直すと約1.3 pc です.このようにパーセクは太陽系から比較的近い星の距離を表すのに便利な単位になっています.